document.write(''); >
FC2ブログ

知的財産研究会 IPLounge

 


 ・過年度の活動実績を公開しています [2008年度] [2009年度] [2010年度] [2011年度] [2012年度]

  ・2013年8月1日:WEBサイトを新サイト(IPLounge.org)に引っ越しました。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

情報システム学会 第8回全国発表大会

2012年12月1日(土) 情報システム学会 第8回全国大会が開催され、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。


<発表者> ※ファーストオーサ分のみ掲載
清水 利明
「階層化が進む違法コンテンツの流通とFReCsシステムを用 いた実態調査」
安田和史
「クラウドシステム提供にかかる実務的諸問題」


スポンサーサイト
  1. 2012/11/22(木) 08:25:36|
  2. 研究発表・論文投稿など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本商標協会 第236回 判決研究部会

2012年11月21日(水) 日本商標協会 第236回 判決研究部会が開催され、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。


<発表者>
清水 利明
「Shoop」事件(4条1項11号の判断における取引実情の考慮について)
  1. 2012/11/20(火) 08:11:32|
  2. 研究発表・論文投稿など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

研究報告「電子書籍配信と配信事業者の責任」

2012.10.20 研究報告
テーマ
 「電子書籍配信と配信事業者の責任」

登壇
  安田和史

時間
  20:00~22:00

紙媒体の書籍における出版者の法的責任と電子書籍の出版社にかかる法的責任に関して、研究過程の中間報告とディスカッションが行われました。
本来的に著作権を持たない出版社が著作権者並に法的責任を負うようなケースがある一方、電子出版の配信事業者はコンテンツを配信するにあたっての法的責任について、明確な規定はありません。このような状況を背景として、配信事業者の法的責任について議論が展開されました。

*本研究は、TEPIAおよびTelecomから助成を受けているものです。


  1. 2012/11/18(日) 18:44:38|
  2. 個別勉強会        
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著作権法学会 第120回著作権判例研究会(2012年11月2日)

2012年11月2日(金) 著作権法学会 第120回著作権判例研究会が開催され、IPLoungeから以下のメンバーが発表を行います。

<発表者>
安田 和史
「SARVH vs.東芝」事件(知財高裁平成23年12月22日判決・判時2145号75頁)
  1. 2012/11/02(金) 18:00:00|
  2. 研究発表・論文投稿など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。