document.write(''); >
FC2ブログ

知的財産研究会 IPLounge

 


 ・過年度の活動実績を公開しています [2008年度] [2009年度] [2010年度] [2011年度] [2012年度]

  ・2013年8月1日:WEBサイトを新サイト(IPLounge.org)に引っ越しました。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[おしらせ] インストラクションスキル セミナー2009年8月7日

IPLounge公開セミナーのお知らせです。

知財人口の拡大にあたり、知財の現場でも今まで以上に「教える」という行為の重要性が高まっています。
今回は、ANAで全国空港のインストラクター養成をされていた橋本律子氏をお招きし、OJTや勉強会、一定の人数が集まる講義の場などで効果的な理解を促すインストラクションスキルについてご講演頂きます。

下記フォームよりお申込み下さい。


テーマ
     「インストラクションスキル」
     ~効果的な理解を促す教授法~


【Keyword】  教育活動、インストラクター、コミュニケーション


概要
 日 時  2009年8月7日(金) 19:00~21:00
 対 象  一般の申し込みも受け付けます(申込要)
      *募集定員70名(先着順)   
 
 参加料  500円(当日支払)
       *会場使用料が発生しますので参加費用を頂いています

 場 所  東京理科大学 森戸記念館
      (新宿区神楽坂4-2-2:「飯田橋」駅より徒歩6分、都営地下鉄「牛込神楽坂」駅より徒歩3分)    
       >>アクセス

 講 師  橋本 律子 氏
      
        ANA本部インストラクター、全国空港のインストラクター養成などに携わった後、
        VIPコンシェルジェなどを経て、2007年よりフリーに。
        社内インストラクター養成講座やコミュニケーション研修などを行っている。
        
                            協力 東京理科大学MIP准教授 鈴木公明

 内 容
     教育を行う際に必要なノウハウとは― 対象者に効果的な理解を促すためのスキルとは―
     といった観点について、
      教育プランの作り方、教え方のテクニック
      効果的なコミュニケーション、質疑応答のテクニック
      達成レベルの確認方法
      などについて講演いただきます。


申し込み
 下記、申込フォームにて必要事項をご記入ください。 8月3日〆切
     >>申込フォーム 〆切りました。

  *遅れて出席される見込みの方は備考欄にご記入ください。
  *IPLメンバー以外の方には、参加証をお送りします。
  *期日前でも、予定人数に達した場合には〆切ることがあります。
 
スポンサーサイト
  1. 2009/06/28(日) 19:45:42|
  2. 講演会           
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特許実務勉強会 登録の勘所1

2009.6.26 勉強会 
テーマ
 「特許登録の勘所(その1)」
  ~公開特許の抽出~

  来年から企業に入る院生向けに、特許登録の勘所を養う勉強会を開始しました。
  今秋まで、全4回×2サイクル行う予定です。

  内容は、概ね以下を目的としたもので、毎回、演習と発表を行います。
   ・就職企業の“発明”の、傾向、水準、R&D内容を知る
   ・発明が特許される勘所(感覚)を養う
   ・該当分野の技術トレンドを知る。
  
時間
  19:00-21:00
講師 
  沙魚川久史

  今回は、第1回として、
  各自対象企業について再来年に拒絶理由が来るであろう公開特許の抽出まで行いました。

  メンバーサイトに議事録がUPされています gomember.gif
  1. 2009/06/26(金) 23:59:59|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0

日本知財学会 第7回年次学術研究発表会

IPLoungeからは以下のメンバーが発表を行います。
 発表者(アイウ順)
  ・吾妻恵   「日本版フェア・ユース規定に関する一考察」
  ・大城裕太  「海外企業と国内大学による国際的産学連携に関する一考察」
  ・佐藤智文  「技術標準化阻害行為への対処法の検討」
  ・清水利明  「著作権のライセンシー保護議論からみる著作権登録制度のあり方」
  ・竹内均   「iPS細胞関連技術の動向に関する考察」
  ・沙魚川久史 「特許明細書半自動生成ツールの現状と課題」
  ・深山潤一  「日本におけるオープン・イノベーションの動き」
  ・安田和史  「営業秘密の法的保護と刑事罰強化」、※吾妻発表も共著

  1. 2009/06/03(水) 22:01:38|
  2. 研究発表・論文投稿など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。