document.write(''); >
FC2ブログ

知的財産研究会 IPLounge

 


 ・過年度の活動実績を公開しています [2008年度] [2009年度] [2010年度] [2011年度] [2012年度]

  ・2013年8月1日:WEBサイトを新サイト(IPLounge.org)に引っ越しました。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特許実務勉強会 創出と整理~ブレスト2~

2009.9.4 勉強会 
テーマ
 「創出と整理~ブレスト2~」
    
時間
  19:00-21:00
案内 
  沙魚川久史

  前回同様、基本コンセプトからブレストを通して思想としての発明の概念を抽出する流れを再確認し、
  各自が持ち寄ったアイデアを元に提案者へのヒアリング/インタビューをしながらブレストを行いました。
    

  メンバーサイトに議事録がUPされています  gomember.gif
スポンサーサイト
  1. 2009/10/10(土) 17:10:19|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特許実務勉強会 創出と整理~ブレスト1~

2009.8.22 勉強会 
テーマ
 「創出と整理~ブレスト1~」
  
  登録の勘所 第2サイクルの予定を変更し、
  ブレストを主体した夏期講座を行うこととしました。

  全2回の演習を行う予定です。

時間
  14:00-16:00
案内 
  沙魚川久史

  今回は、はじめに、基本となるコンセプトからブレストを通して思想としての発明の概念を抽出する
  流れを整理しました。
  続いて、各自が持ち寄ったアイデアを元に交代で提案者役となり、
  提案者へのヒアリング/インタビューをしながら全員で自由なアイデアを出すブレストを行いました。
  

  メンバーサイトに議事録がUPされています gomember.gif
  1. 2009/08/22(土) 23:59:59|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特許実務勉強会 登録の勘所4

2009.8.8 勉強会 
テーマ
 「特許登録の勘所(その4)」
  ~拒絶理由の予想と補正内容の検討~
  
時間
  14:00-16:00
講師 
  沙魚川久史

  今回は、各自、本願発明の登録され得る範囲と補正内容について発表しました。
  最後に、ここまでのアウトプットとして、本件登録性に関する報告書の在り方について整理を行いました。

  メンバーサイトに議事録がUPされています gomember.gif
  1. 2009/08/08(土) 23:59:59|
  2. 特許実務勉強会     

特許実務勉強会 登録の勘所3

2009.7.24 勉強会 
テーマ
 「特許登録の勘所(その3)」
  ~先行文献を調査する~
  
時間
  19:00-21:00
講師 
  沙魚川久史

  今回は、各自、本願発明の特徴を説明した上で、
  先行文献調査に用いた検索式および先行文献と本願発明の類似点について発表しました。
  
  続いて、登録され得るベストな対応を検討する為に、
  予想される拒絶理由と補正内容について整理しました。

  メンバーサイトに議事録がUPされています gomember.gif
  1. 2009/07/24(金) 23:59:59|
  2. 特許実務勉強会     

特許実務勉強会 登録の勘所2

2009.7.10 勉強会 
テーマ
 「特許登録の勘所(その2)」
  ~“発明”を理解する~
  
時間
  19:00-21:00
講師 
  沙魚川久史

  今回は、各自が対象とする企業の公報から“何が発明か”を整理して発表しました。
  
  社会的な実情や競争上の視点、製品戦略、技術トレンドなど背景を踏まえた発表が行われていました。
  
  続いて、本願発明が登録され得る範囲を見極める為に、先行技術の洗い出し方法を整理しました。

  メンバーサイトに議事録がUPされています gomember.gif
  1. 2009/07/10(金) 23:59:59|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0

特許実務勉強会 登録の勘所1

2009.6.26 勉強会 
テーマ
 「特許登録の勘所(その1)」
  ~公開特許の抽出~

  来年から企業に入る院生向けに、特許登録の勘所を養う勉強会を開始しました。
  今秋まで、全4回×2サイクル行う予定です。

  内容は、概ね以下を目的としたもので、毎回、演習と発表を行います。
   ・就職企業の“発明”の、傾向、水準、R&D内容を知る
   ・発明が特許される勘所(感覚)を養う
   ・該当分野の技術トレンドを知る。
  
時間
  19:00-21:00
講師 
  沙魚川久史

  今回は、第1回として、
  各自対象企業について再来年に拒絶理由が来るであろう公開特許の抽出まで行いました。

  メンバーサイトに議事録がUPされています gomember.gif
  1. 2009/06/26(金) 23:59:59|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0

特許実務勉強会 出願系8(適切な実施例のありかた)

2009.3.28 勉強会 
テーマ
 「特許出願の実際 ネタ発掘から願書まで(その8)」
  ~適切な実施例のありかた~
時間
  13:00-16:30
講師 
  沙魚川久史

今回は、出てきた発明をサポートする実施形態・実施例について、審査と訴訟という観点で議論しました。
続けて、最終回として、全8回+αの全9回に渡った実務研究全体について総括的に整理を行いました。


※追記
 メンバーサイトに議事録がUPされています  gomember.gif
  1. 2009/03/29(日) 14:28:18|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特許実務勉強会 出願系7(発明の意義を開示する)

2009.3.14 勉強会 
テーマ
 「特許出願の実際 ネタ発掘から願書まで(その7)」
  ~発明の意義を開示する~
時間
  13:00-16:00
講師 
  沙魚川久史

今回は、出てきた発明をガイドする背景と課題、作用効果について議論しました。
続けて、実施形態のありかたについて種々の判例を基に記載と留意点について整理を行いました。



※追記
 メンバーサイトに議事録がUPされています  gomember.gif

  1. 2009/03/14(土) 18:25:15|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特許実務勉強会 出願系6(クレームのありかた)

2009.2.28 勉強会 
テーマ
 「特許出願の実際 ネタ発掘から願書まで(その6)」
  ~クレームのありかた~
時間
  13:00-16:00
講師 
  沙魚川久史

今回は、今までに出てきたアイデアと先行例に関するクレームについて議論しました。
続けて、明細書における背景と課題、手段の項までについて、記載と留意点について整理を行いました。


※追記
 メンバーサイトに議事録がUPされています  gomember.gif

  1. 2009/02/28(土) 16:38:31|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特許実務勉強会 出願系5(なんのための特許化)

2009.2.14 勉強会 
テーマ
 「特許出願の実際 ネタ発掘から願書まで(その5)」
  ~なんのための特許か~
時間
  13:00-16:00
講師 
  沙魚川久史

創出フェーズを終え、今回から明細書フェーズに入りました。
今回は、なんのための特許か、使える特許とは何か、そして、権利活用できる特許要因とは何か、について成功事例と失敗事例を挙げながら整理を行いました。
また、その上でクレーム記載の考え方について演習を交えた検討を行いました


※追記
 メンバーサイトに議事録がUPされています  gomember.gif


  1. 2009/02/14(土) 18:42:58|
  2. 特許実務勉強会     
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。